tips

virtual-currency

仮想通貨取引所【Zaif】が不正アクセス不正送金によりBTC、MONA、BCHが被害を受け入出金停止へ!

投稿日:

仮想通貨取引所zaifに不正アクセスが!?

最近は割と話題の少なかった仮想通貨界隈ですが、今朝メールが届いてて、 またニュースになりそうな話題が出てきました。

また不正流出 「Zaif」から67億円相当

日本の仮想通貨取引所【Zaif】が平成30年9月14日17時頃から19時頃の間に不正アクセスにあい、BTC MONA BCHの仮想通貨が不正に送金されるという事件が起きました。

被害額は、

・BTC 5966
・MONA 現在調査中
・BCH 現在調査中

との事ですが、推定日本円で約67億円にのぼると報告されています。

不正アクセス被害にあったのは、以前のコインチェック事件と同じく"ホットウォレット"での被害となります。

ホットウォレットとは??
常にネットワークと接続された状態の環境にあるウォレットのこと

関連→【仮想通貨】coincheck(コインチェック)来週よりいよいよ復活か??

私自身もZaifには少量ですがBTCとBCHを保有してましたが、先ほどログインしたところ資産が表示されていたので大丈夫という事なのでしょうか??

Zaifから顧客への対応として発表されてるのはこういったところです。
↓↓

弊社の対応
①原因分析及びシステム再稼働
弊社は,平成30年9月17日にサーバ異常を検知し、翌18日にはハッキング被害が確認されたため、財務局へ報告を行うとともに、原因分析、捜査当局への被害申告等を行ってきました。
現在、仮想通貨の入出金のシステム再稼働に向けて、セキュリティのチェック及び強化、サーバの再構築等を行っております。一刻も早い復旧のため尽力致しておりますので、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。また、大変なご不便をおかけしておりますことを心からお詫び申し上げます。

②お客様の資産等に関する支援の要請、及び、契約の締結
弊社は、本件発覚後、直ちに以下の支援の要請を行い、既に支援に関する契約の締結を行いました。支援の内容は、(1)消失したお客様の預かり資産に相当する財産の提供、(2)セキュリティ向上のための技術・人員の提供、(3)経営基盤の向上のための資本提携、経営陣の派遣、などを内容としております。
弊社は、本日(平成30年9月20日)、JASDAQ上場企業である株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、弊社に対して、50億円を提供する金融支援、弊社の株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣、を検討する内容とする基本契約を締結するに至りました。
また、弊社は、本日、株式会社カイカ(JASDAQ上場,証券コード2315)との間で、弊社に対して、セキュリティ向上のための技術提供を内容とする基本契約を締結するに至りました。
以上の支援の取り付けに関しては、支援者側のグループ会社である株式会社フィスコ、及び株式会社カイカからもプレスリリースが発出される予定ですので、以下をご参照下さい。
Zaifからのメールより

再稼働することと、顧客資産分の確保など、発表されています。ただ、捜査が進み被害額が増えてしまった場合また変わってくるとは思います。

最悪の展開、GOXは起こらないことを祈るばかりです。

では世間の意見を少しみてみましょう。

資産を盗まれてはないけど、以前に比べ自身の保有資産の価値がかなり下がってるので、盗まれた気分というツイートを多く見かけますw私自身もその1人です。

こういった意見もありますね。以前から業務改善の指示は出てたようなので、そこを向き合ってやってきたのでしょうか??
http://twitter.com/RyosukeC_C/status/1042536333854441472

なんにせよ、早期の復旧と顧客資産の確保が重要ですね。私自身、仮想通貨が下げに下げて、半年ほどZaifも見てなかったので、今の事件が起こってどうのと騒ぐ感じでも無いですが最悪GOXして資産がなくなるとなると痛手ですね。

捜査も進むにつれて、色々発表もあると思うので、そちらを待ちましょう。

tips

tips

-virtual-currency
-, ,

Copyright© Tips-MAGAZINE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.