tips

virtual-currency

仮想通貨とは何か??ビットコインの特徴を例に紹介してみた。

投稿日:

仮想通貨って結局なに??

最近はニュースやネットでも目にする機会が多くなってきた【仮想通貨

もうすでにいろんな銘柄を持ってるよという方もいますし、「仮想通貨?なんか危なくない?」って方もいると思います。

それでは、仮想通貨とは何か??を書いていきましょう。

仮想通貨(暗号通貨)とは??

仮想通貨とはインターネット上に通貨です。特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこといいます。

仮想通貨は600〜700種類くらいがあると言われています。それぞれの通貨の目的や構造が異なるため一概に全てがそうとは言えないですが、今回は今日本で1番認知されている通貨ビットコインを例に紹介していきます。

今世界の基準である通貨はそれぞれの国家が保証している通貨です。日本円だったりアメリカドルといった国家に属した通貨です。



逆に仮想通貨(暗号通貨)は国家による価値の保証はありません。

また、通貨だと【発行元】がはっきりしてます。例えば日本円だったら日本銀行が発行しています。

他の国でもほとんどの国の通貨は中央銀行が価値をつけて発行しています。

しかし、仮想通貨の場合、

発行元が存在しない!

のです。(厳密には"存在しない通貨が多い"です)

これはどういうことかというと、中央銀行などの発行主体や管理者がなく、専門の取引所での円やドルなどの通貨と交換できます。

また通貨を複数のプログラマーが管理しあって価値を保証しあっています。

この辺りも通常の通貨と仮想通貨(暗号通貨)の違いですね。

発行枚数が決まっている

ビットコインを例えにすると、2100万枚が発行上限となっています。

通常の通貨だと、中央銀行により増刷なども繰り返され調節をされるのですが、発行上限が設定されているので、浸透していく中で、希少価値が出て価格が上がってくると言われています。

2017年は【仮想通貨の年】と言われていますが、その由縁はビットコインだと今年初めには1ビットコイン(BTC)11万円前後だったのが、9月には52万円まで価値が上がっています。

11万円→52万円なので、単純に考えると41万円価値が上がってます。(※仮想通貨取引所を利用して日本円と仮想通貨に両替する時には手数料がかかるのでそちらは引かれます)

ビットコイン以外の通貨も軒並み価値が上がってきているものが多くあります。

もちろんその中で、価値が上がるものもあれば、価値が下がるものもあるので、通貨を扱う時には慎重に買うのも大切です。

"仮想通貨ってあまりわからないけど、どんな感じか興味があるな"という方は取引所を見てみるだけでも楽しいかもしれないですね。

僕が使ってる取引所は、【日本最大のビットコイン取引所】である、

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

がおすすめです。

登録だけだとFacebook認証やメールアドレス認証で5分もかからずに出来ます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨は上にも書いてるように、かなり多種多様になっています。

各通貨の特徴なども、また記事にしていくので楽しみにしててくださいね。

tips

tips

-virtual-currency
-,

Copyright© Tips-MAGAZINE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.